事業内容
  • 道路
  • 保全
  • 上下水道
  • 河川・砂防/農業
  • ランドスケープ
  • 都市計画・地域計画
  • 測量
  • 補償
  • 情報
  • 小水力発電
  • エネルギーマネジメント
  • 大学共同研究(産学連携)事業
  • 長寿命化計画
  • 防災・減災計画

新能源车 蓄电池

新能源电池几年

エネルギーマネジメント

当社は、参入障壁の低くなった太陽光発電、既存の設計技術力を活かした計画が可能な小水力発電をエネルギーマネジメント事業のコアとして選択し、発電事業者としての挑戦を始めました。

太陽光発電および小水力発電の2種類の試みは、地方の建設コンサルタントとしては、おそらくは全国においても珍しいチャレンジングな取り組みと考えられます。

発電事業は、本業である建設コンサルタント事業の安定的な成長へ寄与すると考えられ、それにより地域の雇用の安定的な確保が可能となることが期待され、建設コンサルタント事業とのシナジー効果も相まって、将来にわたり地域に根ざし、地域に貢献する企業を目指すのに必要な試みと考えています。
エネルギーマネジメント事業としては、平成32年(2020年)に年間3億円以上の売電収益を目指します。

エネルギーマネジメント事業を実施展開する100%子会社のニックスニューエネルギー株式会社(NiX New Energy:略称NNE)を平成25年11月に設立しました。資金調達から事業計画さらには、運用管理までNNEにて行います。

事業計画
稼働開始済みの発電所

新能源电池能用多久

  • 平沢川小水力発電所
  • 全景写真

石川県内初となる既存砂防堰堤を活用した小水力発電所

  • 場所:石川県金沢市中戸町地内
  • 運転開始:平成27年5月7日
  • 許可最大発電出力:198kW
  • 想定年間発生電力量:約976MWh(年間約270世帯分に相当)
  • 有効落差:17.17m・最大使用水量:1.5m3/s
  • 平沢川小水力発電所
  • 電気室・水車発電機室
  • 平沢川小水力発電所
  • S型チューブラ式水車・発電機
  • 平沢川小水力発電所
  • 水車制御盤
平沢川小水力発電所の仕組み

新能源电池几年

  • NiX八尾ソーラーパワー
  • 上空からの全景写真

少ない日射、積雪、分散地の3重苦を克服したメガソーラー

  • 場所:富山県富山市八尾町上笹原地内
  • 運転開始:平成26年10月1日
  • 発電出力:1,260kW [パワコン1,260kW・パネル1,416kW]
  • 想定年間発生電力量:約1,233MWh(年間約300世帯分に相当)
  • 発電所面積:3.0ヘクタール
  • NiX八尾ソーラーパワー
  • North Side:749.3kW
  • NiX八尾ソーラーパワー
  • South Side:666.7kW
  • NiX八尾ソーラーパワー
  • 最新型パワーコンディショナー
今後稼働予定の発電所

新能源 电池股票

  • 平沢川小水力発電所
  • 場所:富山県南砺市
  • 運転開始:平成30年度稼働予定
  • 最大発電出力:980kW
  • 有効落差:76.7m・最大使用水量:1.6m3/s
  • 総事業費:約1,000百万円

新能源电池供应商

  • 場所:石川県金沢市湯涌地内
  • 許可最大発電出力:200kW
  • 建設工事費:約300百万円